上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
41Mli0BxtrL__SL500_AA300_.jpg


前回に続き またまた女性の人権の話。
(前回 生きながら火に焼かれて

アフリカのある地域では
女性の性器を切除する風習があるそうです。
切除する箇所、その後の処理の仕方は地域によって
様々ですが、儀式的な意味合いがあるらしく 
不衛生な場所で切れ味の悪い刃物による作業は共通のようです。
病院で麻酔とメス、っていう選択肢がないんですよ。
(ヨーロッパへの移民であっても)

だいたい7,8歳で済ませるのだけど、
敗血症なんかで命を落とす子供、
尿道以外 縫合してしまう場合、生理のたびに感染症のリスクが高く、
慢性的な炎症を抱える女性が多いそうです。

さらに初夜では その縫合した部分を突き破るのが男性力の証とされるので
ナイフを使ってまで ことを成し遂げるという・・・。
またもや 血のついたシーツを家の外に飾るのですが、
血が多ければ多いほど男性の名誉なわけです。

これ以外にも 出産の危険(産道が縫合されてますから)、
結婚や育児にまつわる不平等、社会のしがらみなど
悲惨な話がたくさん。

これらのことはヨーロッパに移民としてやってきた女性が
病院で驚かれる、という形で知られるようになりました。
でも、宗教、風土、文化の問題として口出し出来ない、という意見もあるようです。

当の女性達は 前回の名誉殺人が行われている環境よりは
亡くなった子供を抱いて嘆くことができるので 感情はややあるものの
昔からの風習を自分が断ち切るのって勇気が要りますよね。

一人、また一人、と増えていけば 女性でもこうしたい、
と選択できるんだ、という考えが広まっていくんじゃないかな。
社会の何かを変えるのは時間もエネルギーも要りますよね。
一人じゃどうにもならないこともあるし、
生きている間に結果が表れないことも。
でも、結果を求めた動きがあった、ということも一つの成果。

世界の困っている人達の環境を知ることで、知る人が増えるだけでも
何か変化するかも知れない。
そんな気がします。

皆さん、もし気になったら読んでみて下さいね。

コメント気軽にして下さい。
最近、初めての方いて嬉しかったです☆
ランキングもポチ よろしく~




ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
コメント
桔梗 さん
返事、遅くなってすみません。
モデルの方が体験を口にするのは さぞ勇気がいったでしょうね。

風習というのは恐ろしいもので、他から見ればきちがいじみていても
当事者にとっては ごく当たり前で
何もうたがうところのないものだったりします。

何も疑うことのない・・・ここから これって嫌!って思うこと
嫌だと主張することってすごく勇気が要りますよね。

でも、その勇気が無駄ではなかった日が 
いつか来ると思います。

こうして、日本人同士で このことについて話せたことも
その勇気のおかげですもんね。



> 女性器切除については数年前、モデルのワリス・ディリーさんをきっかけに知りました。あるテレビ番組で、とても美しい彼女の口から、想像するだけでもおぞましい風習、彼女自身体験した話を聞き、激しく興味を持ち色々と調べてみました。割礼などはよく聞く風習だったのですが、よもや女性にも行われていたとは・・・かなりのショックでした。
>
> 平和で自由な日本に住み、興味も持たずに過ごしていたらおそらく知りえない事実。
> 背景に文化や伝統があるため、大変難しい問題だとは思いますが、やはりこれは悪習と言わざる得ませんよね・・・。
>
> >知る人が増えるだけでも
> >何か変化するかも知れない。
>
> 個人ですぐに何かが出来るとは思いませんが、一人でも多くの人にこのことを知ってもらいたいですね。うん。ほんの小さなことが、次第に大きなうねりとなって変化を起こすことを願って・・・ですね。
2011/03/07(Mon) 21:51 | URL | Akiko | 【編集
こんにちは~
女性器切除については数年前、モデルのワリス・ディリーさんをきっかけに知りました。あるテレビ番組で、とても美しい彼女の口から、想像するだけでもおぞましい風習、彼女自身体験した話を聞き、激しく興味を持ち色々と調べてみました。割礼などはよく聞く風習だったのですが、よもや女性にも行われていたとは・・・かなりのショックでした。

平和で自由な日本に住み、興味も持たずに過ごしていたらおそらく知りえない事実。
背景に文化や伝統があるため、大変難しい問題だとは思いますが、やはりこれは悪習と言わざる得ませんよね・・・。

>知る人が増えるだけでも
>何か変化するかも知れない。

個人ですぐに何かが出来るとは思いませんが、一人でも多くの人にこのことを知ってもらいたいですね。うん。ほんの小さなことが、次第に大きなうねりとなって変化を起こすことを願って・・・ですね。
2011/03/03(Thu) 11:29 | URL | 桔梗 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連エントリー