上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大好きなことに携われるのは 幸せ。
でも、それに携わっているからこそ
傷や矛盾が見えることがありませんか?

最近、馬が好きなんだけど、好きになるほど
人と馬の環境ってこれでいいのかな、と思うことが増えました。
お洋服が好きだけど、たくさん消費したいわけではありません。

そんな時、こんな素敵なストーリーを知って、元気をもらったので
ぜひ ご紹介したいと思います。

tulipfields.jpg 


この花束は シアトルの花屋さん「Tella Bella Flowers」のものです。
店長のメリッサさんは、子供の頃から 花畑の近くで育ちました。
花が大好きで、
「自分の花屋さんを持つ」というのが夢だったそうです。

同時に 飛行機による農薬散布の日は 外出できない、
散布後には川に生き物の死体が浮かぶ、という状況を見て育ちました。
「花は大好き。でも農薬被害に加担するような仕事はしたくない。」

当時、花屋さんになる、ということはこの2つの矛盾を抱えることになります。


彼女は大学で「環境問題と有害廃棄物マネジメント」を学び、
オーガニック農法で育てた花を売る、という答えにたどりつきました。

もちろん、簡単なことではなく 

コスメの原料や食料としてのオーガニック農法はあっても、

切花のためのオーガニック農法というのは

消費者にも生産者にも理解されにくいようです。

それでも理解ある生産者と顧客に支えられ
オーガニックまたはサスティナブル農法で育てた花と植物
の専門店を持つに至りました。

矛盾をどう解決するか、
職業名でくくることのできない自分の役割をどう作るか、
色々な方法があるでしょう。

これは自分が初めてだったり、
周りに例がなかったりするから困難に感じますよね。

好きなことだからこそ 困難にぶつかるし
好きなことだからこそ あきらめないで
自分なりの方法を見つけられるのかも。

そうしてたくさんの人にとっての好きなことが
だんだん良くなっていくといいな☆

娘も いつか壁に当たると思うけど
自分なりに解決して 親もびっくりするような
道を開いてくれるのではないかと思っています。


最後まで読んで下さってありがとう☆
皆さんにも 素敵な道が開けますように☆

いつものように
ランキング投票お願いしま~す。




ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
コメント
イシコロさん
そうですね、お金を儲けたい、じゃなくて 何をして儲けるか、
それをしたら 世界はどうなるか、
考える人が増えたらいいな、と思います。
2011/01/31(Mon) 19:22 | URL | Akiko | 【編集
なんだか良いお話ですねえ。
自分の理想がうまくビジネスとして消化されている。
まれな好例なのかもしれませんが、こういうケースがどんどん増えてくるとうれしいです。
2011/01/29(Sat) 12:18 | URL | イシコロ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連エントリー