FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新写真 003丸ビル ツリー

丸の内まで行ってきましたヨ

ちょうど昼時。

オフィスから ちらほらIDカードを下げた人達が
出てきていました。
地下鉄も 見るからに仕事中です、って方が多くて
銀座からそう離れていないのに やっぱり雰囲気が違うなぁ
と実感。

日本橋もオフィス街ですが、
もっと堅いファッションの方が多いように感じます。

近いのに この地域感て会社の業種の違いなんでしょうかね((^┰^))ゞ?

丸の内のオフィススタイルは 明るくて
女性で言えば 
ピンクのアンサンブルニットに
ゴールドのネックレス。

男性なら 
オレンジのマフラーに明るい茶色のシューズに代表される感じ。

ちなみに日本橋は
女性なら
グレーのタイトスカートに黒のパンプス。

男性なら
紺のスーツに黒のナイロンバッグ、という印象です。


どちらがいいかは あまり問題ではないのです。

地域感を気にして洋服を選ぶことは あまりないでしょうが
会社や業種のTPOなら大切ですよね。

その日の業務内容によっても 自分の意志をアピールする
服を選ぶのは大切なことです。



常に同じファッション、
こだわりがあって同じスタイルを通す
というのは素敵なことでもあるし 
おしゃれかもしれませんが
センスがいいとは言えないかも。。。


こだわった服を着るおしゃれ、と
状況に合わせて自分の役割を判断するセンスとは違いますから。



でも、おしゃれが悪くて センスがないとダメかっていうと
社会は多様性が大切ですね


何を着るか、より どう着るか、はさらに大切です。

ピンクが その人の肌に馴染まない色だったら・・・
茶色の靴に傷が目立っていたら・・・

紺スーツのサイズがやけにぶかぶかしていたら・・・
髪や肩にフケがかかっていたら・・・

何より姿勢や歩き方が美しくなかったら・・・

どこで何を買おうかな、の前に
・自分は 誰に何をどう見せたいのか(アピールしたいのか)
・そのために必要なものは何か


整理してからにしましょうね。

専業主婦の方でも 対象が夫なのか、ママ友なのか、
はたまた 自分の中で美しく掃除する、という部分を
満足させるためなのか、で違ってきます。

整理しないまま買い続けると、
アイテムはどんどんたまっていくのに コーディネートはしっくりこない
という結果になりかねませんよ~


来年に向けて ワードローブも整理しましょう
同時に自分のウリも。

自分にどんな特性があり、それを誰にアピールしたいのか
整理すると無駄な服は持たなくなりますよ。


ランキングに参加しています。
良ければ一票 お願いしますね☆





ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
コメント
ぽてとまとさん
取捨選択こそ全てと言えるかも。
自分に何が必要か分かっている人は
服装も、ワードローブもすっきりでしょう。

迷いがあると、かみ合わないアイテムが増えるだけに
ワードローブは膨張しがちだし
着るものも日によって違うと 
その人らしさが失われがちですもんね。
2010/12/14(Tue) 12:22 | URL | Akiko | 【編集
つもりあさん
皆、自分のライフスタイルに合った服を
そう意識せず選んでいるんですよね。
(だから地域差が出る)
自分は 何が着たいから それに合わせて
環境を選ぶっていうのもアリかもしれませんね☆
2010/12/14(Tue) 12:15 | URL | Akiko | 【編集
こんにちは。
私もいつもTPOを考えるようにしています。

働いている時は、やっぱり
仕事ができてしっかりした人に見えるような
服装を心がけてました。

でも、主婦になってからはラクチンな
服の方がいいので
かっちりしたスーツなどは売って
ワードローブが溢れないように心がけています。

取捨選択も大事ですよね^^
2010/12/13(Mon) 17:39 | URL | ぽてとまと | 【編集
わかる~
あ~なんかわかる気がする。
関東に来て、思ったけど
本当にその街で
ファッションがちがうんですね。

専業主婦となった今
スーツには縁はなく
カジュアルなものを
求めてしまいますが
冬物のコートだけは
こだわりたいと
思いながら…。

でもでもやっぱり
私はこだわらず
適当なファッションが
好きです。
だから下町の方が
好きかも。
2010/12/12(Sun) 20:15 | URL | つもりあ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
関連エントリー