上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは☆
着ることをもっと自由に~Arbish stylingのタキザワです。

今日は 日本ファッションの未来性
(日本現代美術館でやっている展示会)に行ってきました。

 

 (ミントデザインズ 2012年)          (陰影礼賛より)

1980年代~30年間。今までの日本ファッションの歴史を眺められるこの会。
行きたかったんですよね~

私がファッションてものに興味を持ったきっかけは
自分がおしゃれしたい といった類のことではなく
服を通して表現された それまでなかった価値観に救われたから。

それが絵や音楽だったら お芝居だったら 
アパレル業界に就職することはなかったんじゃないかしら。

私の若かりし思春期は80~90年代。
ヨーロッパファッション全盛期。
青い目のグラマラスなモデルが鮮やかな色の
ゴージャスな服を着てファッションショーを華やかに盛り上げていた時代です。

私は思春期特有の自分探しに加えて ちょくちょく行っていた海外で
人種差別じゃないかという体験をします。
最初は差別する人もいるのね、くらいだったのが 
だんだん「自分が日本人だから そう思われるのかな」

自分の中に差別が生まれた瞬間 
日本人であることは変えられない 
だから日本人であることを活かすには
どうしたらいいのか ということにはまりました。

これが落とし穴。

私は海外で通用するほどの
日本文化らしい生活をしてきていませんから
かなりの努力を要する。
でも それって日本人らしくはあっても
自分らしいのとは別のような。

パリで たまたま目にした
ヨージ ヤマモトのファッションショーの映像。

衝撃的でした。
まずヨーロピアンでもジャパニーズでもない雰囲気。

着物柄や和紙なんかを使ったいわゆる日本らしさで
勝負するのはよく見たことあるけれど
「欧米とか日本とか気にしたことない、自分は自分なんで」
というスタンスがよく出ていました。

それまでの 
セクシーなモデルがキレイにメイクして
華やかな服を着るショーと違って
美しいのか???なメイクに黒一色の服。
破れている箇所もあったりして もうびっくり。

でも とにかく新しいことやっちゃえ!的な安易さもなく
凜とした哲学を感じました。
ご本人の意図はともかく 少なくとも
私はそれまでの悩みから解放されました。

私は日本人である前に 自分なのだ。
日本人らしく ではなく自分らしく。

今でこそ こういうの当たり前の考えかもしれませんが
あの時代は ここに至るまでに時間がかかったんですよ苦笑い

ヨージ以外にも 心に残る作品はありますが
その時代だからこその思想もあれば 
時代を超えて今も変わらないものも。

服とはファッションとは何か 個人にとって違うもの。
時と場合によって変わることもあり得ますしね。

社会の中のアイデンティティー
自分への希望
時代の空気
第二の皮膚
コミュニケーション手段

デザイナー達の答えは多様で 
私たちもそれでいいんだって安心します。

あなたも自分の答えを信じて
こうしたい、と思ったことを服の選択に取りいれてみませんか?
きっと生きるのが楽しくなるはずですよつば。

Arbish styling HP













スポンサーサイト
東京都稲城市を中心にファッションアドバイスの
活動をしている、Arbish stylingです☆


 稲城市には南山(みなみやま)という自然の豊かな山があります。
この南山に公園をつくろう、という計画があって、
それを行政や企業に任せるのではなく、
使う市民たちの主導で進めようと頑張ってくれている人達がいます。

先日 公園づくりのイベントに参加させていただきました。
この日はウッドデッキを敷く場所の草刈。
 
(Before)
 
(After)

「草刈」って言われて参加したけれど
木が生い茂って真っ暗な場所を
(いや もう真っ暗かも分からない
木と草の壁みたいなところ)
草刈り機2台と鎌で 開拓したから すっご~い!
 

お昼を食べた後は ハンモックでくつろぐ息子☆
よく飽きないで夕方まで過ごせたなぁ~

しかし、毎回思うけれど 手付かずの自然て手ごわい。
のどか とか 気持ちいいとか じゃなくて
もっと緊張感があって険しい感じがするのです。

次回の公園づくりは そろそろ冷え込むかも?

東京都 稲城市を中心に活動しているArbish stylingです☆

稲城市のよみうりランド坂 途中にある
ギャラリー&カフェ コンティーナ
にて ティータイム。
 
(ココナッツムース と モンゴルティー)

南山の自然の中で のんびりと・・・と言いたいところですが
今日は カラリストであり、お母さんであり、
自分が住む地域でのつながりづくりに活動されている
お友達 とのティータイム。

お互いの地域活動の報告、これからの仕事展望、
子育て理論、カラーにファッションに
息つく間もなく しゃべり続けましたキャハハ

私は障害者支援施設で働いています。
子供が豊かに育つ地域にしたい、
ファッションで人を幸せにしたい、
日々 生きていて楽しいと子供に伝えたい
これ 皆 大切な思いであり、
どれも本当の自分 どれが一番大切ってないんですね。

やっているたくさんのことがすべて大事。

ああ おしゃべり楽しかった!




 
単身赴任中の夫から宅急便。

え なんだろう???

その日は結婚記念日でした。

開けてみると
 
 Rushのボディケアセット。
(すみません 息子の足が入ってしまって汗

 「背中にぶつぶつができちゃって 気になっているんだ」
そんな会話を数日前 電話で話したことを思い出して
ああ ナルホドハート

「これでケアして またキレイな背中になってね」
とカードつき。

ありがとうハート
とても暖かい気持ちになれました。

こんにちは☆
着こなしをもっと自分らしく Arbish styling です。
 

今日はパーソナルスポーツトレーナーの京先生の
バランスボール教室におじゃましました。

来月 行うイベントのPRです。
どんなイベントなのかは 追々 お知らせしますね☆

& ココカゲン∞月葉灯 から出している
新聞を配布するため。

私は以前 ここの生徒だったんだけど
しばらくぶりに行ったら すっごい人数が増えていてびっくりした!

そして 突如 現れて話し始めた私を
こうやってパチリ

撮ってくれた先生に 思わず「さすが!」

人前で話すのは かなり苦手komaru*
「個人の方 対象にファッションアドバイスをしています。
地域の人とつながる新聞をつくっています。」

うまく伝わったかな・・・?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。