上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログをしばらくお休みさせて下さい。

HPでお知らせしてある通り7~9月は
ショッピング同行をお得な価格で
承っています!

10月~スタイリストのお仕事をお休みする予定です。

カラーの勉強をしたい、というのもあるし
仕事に対して 何をしていきたいのか
一度 考えてみたいっていうのもあります。

その他 家庭の事情なんかも挟んで
よし お休みしよう!ってことになりました。

いつ復帰するか分からないんですけど
復帰したら またご挨拶いたします。

皆様 お元気で!

スポンサーサイト
つい この間まで・・・
夜でも眩しいくらいに街は明るくて 
24時間年中無休のサービスが ごく当たり前でしたよね。

いつでも好きな時に 好きなことができる、とても便利な世の中。
私達は 多くのことを享受してきました。

ついそれが当たり前であるかのように錯覚してしまったけれど
間違いでした。
自由も安全も平和も そうであろうと努力し続けなくては 
そうであれないように。

私達の享受してきたものが破綻したとしても その結果は共有しなくては。

誰かの責任にすれば解決するとか
誰かに任せれば修復されるという類ものではなくて。

何かを選択すれば それで終わり ではないのですね。
そもそも ベストな選択肢が用意されているわけではないですし。



私達 一人一人がどうしたらいいか考え、
誰かの出した案がそれでいいか判断し、
その通りに実行されているか より良い方法はないか 
関心を持ち続けなくてはいけないのだと思います。



「元に戻すのではなく 新たに作りなおす」
って言葉を よく聞くけれど 本当にその通り。

どうすればいいか 明確に表現できないけれど
元に戻りたいのではないってことだけは はっきりしている。


ゆっくりマイペースだけど 歩いていこう






ブログランキング・にほんブログ村へ

晴れた日に 東京タワーで開催されている恐竜展に行きました。
最新写真 004 最新写真 005


青空にタワーの色彩が映えて キレイ。
曲がった先端さえ、復興を感じさせるのは 強い色彩のせいでしょうか?

今年のお花見は 昭和記念公園に行きました。

DSCF2708.jpg




DSCF2707.jpg

たくさんの人で賑わい、桜以外にも たくさんの花が咲いていました


最近 色彩の強いものに惹かれます。
鮮やかな色にはPOWERがあると思う。

春を待って 景色が様々な色の花で満たされた時

暖かくなって体がほぐれてくる頃 山々が力強い緑に
変わってくる時

何だかみなぎってくるものを感じます。

実際は 着る物は別に変化しないし、静かに生活しているけれど
そんな気持ちを持っているようです。


ヨガ教室で いつも流していた音楽を しばらくやめます、と言われました。

「節電ということで片付けたくありません。
人は本来 強く豊かに生きていける その力があなた方一人一人にあるはず。
その力を感じて欲しいからです。

自分の体や感情が教えてくれるものを しっかり受け止めて下さい」と。

私は 何か行動しているわけではないけれど
POWERをためたい、強くなりたい、と思っている。

そんな状態でしょうか


よろしければ ランキングに1票 お願いしま~す




ブログランキング・にほんブログ村へ

金曜日に地震があって その日は夫や両親の安否に気をもんだ。

翌日 土曜日は 実家の片付けを手伝った。
余震も続くし、大きな地震はまた必ずくるから。
夜に夫が帰宅。
そしてガソリンスタンドがどこもやっていないことに気がついた。

日曜日 自宅で避難グッズを持ち出しやすいように整理。
一日中TVをつけていた。
原発のニュースが気になる。
冷却装置が停電で使えないのだとか。

燃料として使用した後の核廃棄物でさえ
放射能が半減するのに2万年かかる、と聞いた。

運転停止したばかりの燃料をどれだけ
冷やさなければいけないか想像がつく。

計画停電が実施されることに。
自宅がある地区では 夕方からの時間帯が多い。
子供が暗い中 お風呂に入るとも思えない。

明日から暗くなる前に夕飯と入浴を済ませることにしよう。

月曜日 大半の交通機関がストップした中 私の職場は普通出勤。
娘も息子もそれぞれ 学校や保育園へ。
ただ、停電にそなえてしばらく午後 早めに早退することにした。

スーパーにはなにもない。
トイレットペーパーやティッシュ、おむつ、ナプキン、
カップラーメン、水、パンなどなど 空の棚が目立つ。

食材が足りていないわけではないけれど不安になる。

買いもしない商品が 生活に活力を与えていたんだな。。。

火曜日 生協の配達日。
停電で冷凍品は全滅だったが、たくさんの食材が届いた。
すごく希望を感じた。

原発では放射線がもれないよう頑丈に閉じ込める役割のお釜が
破損した原子炉がある、とのこと。
どきどきした。

そしてこの時から TV各局に出ている専門家は
「大丈夫、30km圏内の人には指示を出した。
放射線は 自然にもあるものですから」と 
パニックに向かわないように コメントするようになったと思う。

アナウンサーも 本当に知りたいことを質問しなくなった。

情報はあふれているけれど 本当に知りたいことって
待っていても入ってこないもんだな。

水曜日 都心に出る仕事が入っていたがキャンセル。
初めて 自分からキャンセルしてしまった。

でも、いつ止まるか分からない交通機関で出かけて
子供を一人にすることになってはいけない時期だと思った。

放射性物質が気になってもいる。
息子は保育園をお休み。


木曜日 何人かの友人とメールでやりとりした。

それまで誰とも会いたくなかった。
ニュースに泣いたし、不安になったし、憤ったりもした。

計画的に停電して下さるのはありがたいことだが
それに備えるために 朝から緊張していた。

とても おしゃべりする気分じゃなかったのである。

でも 自分でもこの緊張感が子供達に伝わって
この先もいいことないのかもね、的な思考に
つなげてはいけない、とも思っていて。

これを抜け出すには 読書でもブログでもヨガでもなく
人とのつながり、これしかない!と思った。

この日は寒く 電力消費が上がってしまったとのことで
大停電になるおそれが・・・という情報が出た。

都心を中心に交通機関がパニックに。

ごったがえす駅構内の映像に 震災直後を思い出して
また気分が沈んできた。

被害がなくても こんなに気分が沈むのだ。
被災者や避難者はどんなにつらいだろうか。
また それを思うと涙が止まらなくなってきた。

金曜日 この日も早退。
思い切って 娘を乗馬に連れて行った。

不安で自宅や保育園から 離れられなかったけれど
私の緊張感は 確実に娘に伝わっていて
妙におりこうなのだ。

気をきかせて家事をずいぶん やってくれている。
何かと「ママ 大丈夫?」と聞かれるし。

これではいけない!
今日は 夕飯の準備より 娘の気分転換だ!

この日 震災後 初めてコンビニにならぶおにぎりを見た。

おお~ これから どんどんよくなるよね☆

土曜日 お友達に教えてもらって 地元の公民館で
救援物資を集めている、というので行ってきた。

たくさんの人、物、ボランティアの方々で
ごったがえしていた。

それまでは ほんわり感じていた希望が
熱い思いになっていくような気がした。

良くなるように何かしなくては。

そして この日は自分も気分転換。
ヨガに行った。

震災後 まったく家でも体を動かしていなかったので
下半身のなまっていたこと。

足を踏ん張るってことが全然 できない。

でも自分の心と体に向き合った貴重な時間でしたよ。

今までやっていなかったガソリンスタンドがオープン。
長蛇の列。

ニュースで見たけれど 横入りした、とかで刃物をつきつけた人まで
出ているとか。

どう並ばせるか スタンドの人も命がけですよ。

とにかくガソリンスタンドがあいたんだもん。

どんどん良くなってきているよね☆


これが今日までの記録です。
まだ1週間しかたっていないのに
すごく色々なことがあったような気がします。

辛いことがあった方には
これから良くなるよ!って言葉はまだ早いのかも知れない。

でも 私は頑張りますよ☆

応援に1クリックお願いしますね




ブログランキング・にほんブログ村へ

3月11日午後2:35。
娘を学校に迎えに行ったのに、すれ違ってしまった。
自宅から携帯にTELがあり、
「すれ違っちゃったみたいね」
「じゃあ、今から自宅に戻るね」と切った。

自宅はマンションの1F。
娘と一緒で良かったと思う。

娘の習い事に行く準備をしていたら
急に揺れた気がした。

めまいのような、でも部屋の照明が揺れているから
めまいじゃないな。

それくらい静かで長い波長だった。
だんだん揺れが大きくなり、つかまらないと危なくなってきた。

リビングの窓を開けて、外に出る。
目の前で駐車中のトラックがはねている。

「ずいぶん長くない?建物が壊れるよね。」
「ね」

そう言いながらも立ちすくんでしまって動けない。

そうこうしているうちに揺れはおさまった。

すぐに夫にメール。

テレビをつけた。

まだ情報は集まっておらず、混乱しているものの
どんな被害が出ているかは分からなかった。

「道路が混むかも知れない。乗馬クラブに早めに着こう」

クラブに向かう途中、信号が消えた。

「今の地震のせいでかな?」

クラブも真っ暗で、「今日は営業中止になりました。馬にも近づかないで」とのこと。

そんなひどかった?
周囲で壊れた建物も見当たらなかったし、
家でも落ちたもの一つなかったけど・・・。

帰り道、実家によると いつもいる両親は登山と都心にそれぞれ出かけていた。

夫とは夜、連絡がとれた。

翌日の夜には皆とも会えて安心した。

ガソリンが不足してスタンドがやっていない、スーパーは商品がない、
電車は運行休止だったり、通常の7割だったり。
計画停電ていうのもある。
でも、被災したわけではないし、家族も無事。

にも関わらず、精神的に沈んでしまう。

ニュースで見る悲惨な出来事を どう受け止めていいか分からない。
とにかく落ち込む。

震災から5日目。
まだそんな状態です。


応援に1クリック
とても元気になりマス




ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。